介護給付金におけるファクタリングの利用場面とは

main-img

介護保険の保険者から、介護事業者に支払われるのが介護給付金です。

ファクタリングの情報といえばココです。

この財源は介護保険の被保険者によって支払われる保険料です。

介護保険の被保険者が介護サービスを利用した際には、利用料金の自己負担は1割です。

残り9割は介護保険によって補助されます。


よって介護給付金は、この9割の部分に該当すると言えます。介護事業者が請求してから、介護給付金が支払われるまでには2か月の時間が必要です。

その時間を短縮するためにあるのがファクタリングです。これはファクタリング業者が、支払われていない9割の部分の売掛金を買取り、その分のキャッシュを介護事業者に支払うと言うシステムです。

NAVERまとめが勢いに乗っています。

だいた8〜9割の価格で買取られる仕組みです。

将来の収益を先取りすると考えるとわかりやすいかもしれません。

ファクタリングは、融資とは異なり返済は不要です。

また融資とは異なり債権扱いにならないので、財務に負担をかけることなく、資金繰りを改善することができる方法のひとつだと言えます。



ではどのような場面での利用が想定されるかと言うと、まずは開業したばかりの介護事業所においてです。
利用者へのサービスの質の安定、及び集客を図るためには、お金が必要です。
よってそのためファクタリングを利用することが想定されます。それから資金繰りが苦しい場合です。

融資でそれを改善すると言うのもひとつの方法ですが、できるだけ負担をかけずに改善する方法のひとつとして、ファクタリングが利用されることが多くあります。

わかりやすい情報

subpage1

ファクタリングというのは初めて聞く人もいるかもしれませんが、別に介護の世界だけではなく広く一般的な企業活動において利用されている仕組みです。どういう仕組みかと言いますと、例えば売掛金などの債権について、それが実際に決済されるまで待つことなく、その場で買い取って現金化してくれる仕組みのことです。...

more

知識を増やす

subpage2

介護給付金とは、介護サービスを提供して得られる対価のことですが、介護サービスの場合、その場で介護を受けた人から得られるお金は全体の1割から場合によって2割だけと、非常に限られた金額しか得られません。残りは介護保険からの給付ということになり、それを介護給付金と呼ぶことが一般的です。...

more

技術の重要知識

subpage3

介護給付金とファクタリングが、介護事業者を利用する人とどのように関係しているかは、それぞれを正しく理解する必要があります。まず介護給付金です。...

more

技術の特徴

subpage4

介護給付金のファクタリングをご存知でしょうか?一般的に耳馴染みがない用語だと思います。それもそのはずで、介護サービスを利用する側の用語ではなく介護事業者へのサービスなのです。...

more